FC2ブログ

新しい扉

佳織

夫の精液は、結婚した当初に何回か飲んだことがあります。フェラチオを求め
られることは珍しかったですし、精液を飲んでほしいと言われたこともなく、
ほとんど経験がなかったのです。

初めて精液を飲んだのは、結婚する前、夫以外の男性でした。
自分から「飲ませて」と言って飲みました。それがたとえ淫らなことであって
もかまわないと思いました。自分がそれほど好きだということを知ってほし
かったから。
ただ、いざ飲むときになって、それがとても辛いことだと知りました。
人それぞれの感じ方があると思いますが、私には少し塩辛くて苦くて、何より
もむっとするその匂いが苦手でした。漂白剤のような鼻をつく匂いでした。
それでも、息を止めて飲みこみました。
喉の途中にひっかかって、何度も飲みこみなおして、やっと全てを飲み終え
ました。飲み終えたあとも、口の中に漂白剤のような匂いがいつまでも残り、
吐き気がするほどでした。

でも、初めて、それも自分から男性の精液を飲んだことで、女性として新しい
性の扉を開けたような気がして、それからしばらくは、わけもなくドキドキし
ていました。

345.jpg



関連記事
コメントの投稿
非公開コメント


佳織さん
元彼の精液を飲んだなんて旦那さん興奮されているのでは?
清楚な佳織さんが、本性をむきだした淫乱な姿で、むしゃぶりつく姿が見たいです。僕にも見せて欲しい

No title

フェラと口に射精に対する佳織さんの想いが良く分かります。精液を飲むのは純一さんが最初で得なかったのですね。初めてのときの思い出が、悦びとなって残っていたので、純一さんに対するフェラにも興奮し、応えてあげたいと思う女心が潜んでいる。佳織さんは素敵な女ですね。

Re: タイトルなし

マッキーさん

コメントありがとうございます。
どうしょうか・・・少し興奮したかもしれないですね。
男性って不思議ですね。
プロフィール

佳織&純一

Author:佳織&純一


夫が胸に秘めていた願望、それは、
自分以外の男性に抱かれる私の姿を
見ることでした。
私は夫の願いを叶える為に、夫の眼の
前で知らない男性に抱かれました。
それは、けして過ちなどではなく、
確かな私たちの愛の行為であったと
今でも信じています。
あれはけして夢ではなかった。
あれはけして過ちではなかった。
それを確かめたくて、このブログで
私たちは羞恥と昂奮に彩られたあの
時を追憶します。

ご訪問ありがとうございます



佳織&純一へのメールは こちらからどうぞ


バナー
ご自由にお使い下さい。

(90x30)

(160×50)
aiyorimo_banner4_160x50.jpg

(200×60)
aiyorimo_banner5_200x50.jpg
検索フォーム
相互リンクサイト
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示