FC2ブログ

美し過ぎる動画

純一

結婚してからも、私は佳織を抱いている時、天井裏からその姿を覗き見ている
もう一人の自分を意識しない日はありませんでした。

知的で清楚で品のある佳織が美しければ美しい程、その佳織が両脚を開き
お尻を突き出し、陰茎を咥え、あられもない姿にされればされる程、もう一人の
私は、私という男に抱かれるその姿に興奮し、いやしくも天井裏で自らの男根を
しごき、悦びの渦に巻かれ喘ぎ声を漏らしていた。


206.jpg


何不足無い幸せな新婚生活でした。
けれども、私は、結婚以前、佳織を妄想の中で犯し続け、その一部始終を覗き見
していた自分自身から自由になることは出来ませんでした。
今思えば、現実に佳織を抱きながらも私が興奮していたのは、目の前の体温の
通った佳織の肉体ではなく、私と言う見知らぬ男に犯される佳織の姿、言って
みれば脳裏のディスプレイに映し出された妄想という動画であったのかもしれ
ません。

その動画は、苦し気に悶える佳織の姿をスローモーションで追いながら、女体に
潜む美しさの神秘をあぶり出していたのだ。

関連記事
コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

佳織&純一

Author:佳織&純一


夫が胸に秘めていた願望、それは、
自分以外の男性に抱かれる私の姿を
見ることでした。
私は夫の願いを叶える為に、夫の眼の
前で知らない男性に抱かれました。
それは、けして過ちなどではなく、
確かな私たちの愛の行為であったと
今でも信じています。
あれはけして夢ではなかった。
あれはけして過ちではなかった。
それを確かめたくて、このブログで
私たちは羞恥と昂奮に彩られたあの
時を追憶します。

ご訪問ありがとうございます



佳織&純一へのメールは こちらからどうぞ


バナー
ご自由にお使い下さい。

(90x30)

(160×50)
aiyorimo_banner4_160x50.jpg

(200×60)
aiyorimo_banner5_200x50.jpg
検索フォーム
相互リンクサイト
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示