FC2ブログ

私達のルール

純一

151.jpg


愛する妻を自分以外の男性に抱かせた日、
愛する夫の前で夫以外の男性に抱かれた日、
そんな日のことを、日常向かい合って回想することは難しいでしょう。
その事で、日常が揺らいでしまうことだってあるかもしれない。
夫婦として過ごす確固たる日常は、思いの他もろく危ういものなのでは
ないでしょうか。
だから私達は、ある意味客観性が担保されるブログという場を利用して、
冷静にお互いを見つめたいと思ったのです。

私達はブログを始めるに当たって簡単なルールを作りました。

① 自分の正直な気持ちを書く
② お互いの記事に注文をつけない(画像、文章とも)
③ 相手の訊きたいことには、本当のことを正直に答える
④ ブログのことはブログの中で会話し、日常生活には持ち込まない
⑤ 個人情報はしっかり守る

こんなことです。

佳織が結婚した頃のことを書いています。
次回からは、佳織に続けて私達の追憶を始めたいと思います。
宜しくお願い致します。

関連記事
コメントの投稿
非公開コメント


初めまして

初めまして。

のんちゃんと申します。

縁あって、こちらに辿り着きました。

これから拝読させていただきます。

よろしくお願いいたします。
プロフィール

佳織&純一

Author:佳織&純一


夫が胸に秘めていた願望、それは、
自分以外の男性に抱かれる私の姿を
見ることでした。
私は夫の願いを叶える為に、夫の眼の
前で知らない男性に抱かれました。
それは、けして過ちなどではなく、
確かな私たちの愛の行為であったと
今でも信じています。
あれはけして夢ではなかった。
あれはけして過ちではなかった。
それを確かめたくて、このブログで
私たちは羞恥と昂奮に彩られたあの
時を追憶します。

ご訪問ありがとうございます



佳織&純一へのメールは こちらからどうぞ


バナー
ご自由にお使い下さい。

(90x30)

(160×50)
aiyorimo_banner4_160x50.jpg

(200×60)
aiyorimo_banner5_200x50.jpg
検索フォーム
相互リンクサイト
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示