FC2ブログ

セックスしてみたい

純一

歯科衛生士として入ったばかりの佳織を初めて見た時、素敵な女性だなと
思いました。

おとなしそうというのが第一印象ですが、知的で落ち着いていて、安っぽく
はしゃいだ所が無くて、大人という感じでした。
色白でスタイルも良くて、他の従業員とは一線を画していたのです。

毎回、楽しみに医院を訪れましたが、何分新人ということもあって、仕事の上
での接点も少なく、親しく口をきける様になるまでに、随分時間がかかりました。

19.jpg


姿を見たり、少しだけ言葉を交わしたりした日には、佳織のことがずっと
頭から離れなかった。
しっとりとした色白の肌、腰の括れ、すんなりとした脚、華奢な体に張り出した
豊かな胸、ユニフォームの下から僅かに透けるブラジャーのライン・・・
そんな頭に焼き付いている幾多の映像を、何度も引き出しては夢見ていた。
一度セックスしてみたい、と思った。

すぐそばで先生や患者の声が聞こえる医院の物陰で、純白のユニフォームを
捲り上げ、下着を下ろして後ろから無理やり犯す・・・
佳織は声を押し殺して体をくねらせる・・・
けれども、やがて女としての悦びに屈服し熱い愛液を溢れさせて・・・
いつもそんな想像をしては、自分を慰めていたのです。
懐かしくもあり、微笑ましくもある自分です。
関連記事
コメントの投稿
非公開コメント


分かります

全く持って、同感です。

かつての私を見ているようです(笑)

これから、少しずつ読ませていただきますね。
プロフィール

佳織&純一

Author:佳織&純一


夫が胸に秘めていた願望、それは、
自分以外の男性に抱かれる私の姿を
見ることでした。
私は夫の願いを叶える為に、夫の眼の
前で知らない男性に抱かれました。
それは、けして過ちなどではなく、
確かな私たちの愛の行為であったと
今でも信じています。
あれはけして夢ではなかった。
あれはけして過ちではなかった。
それを確かめたくて、このブログで
私たちは羞恥と昂奮に彩られたあの
時を追憶します。

ご訪問ありがとうございます



佳織&純一へのメールは こちらからどうぞ


バナー
ご自由にお使い下さい。

(90x30)

(160×50)
aiyorimo_banner4_160x50.jpg

(200×60)
aiyorimo_banner5_200x50.jpg
検索フォーム
相互リンクサイト
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示