FC2ブログ
純一
1331.jpg


やがて私は気が遠退く様な全身の痺れるに震えながら、叫び声を上げました。
「逝く・・・逝く・・・」
あらん限りの欲望を佳織の喉に注ぎ込もうと、私は激しく腰を振りました。
佳織はいつの間にか秘部を隠しきつく両脚を閉じて、私の男根にその可憐な口を捧げていました。
わずかに霞んだ目の前が揺れ、意識が薄れこのまま長い眠りに入ってしまうのかと思うほどの快感が私を包み込みました。

私は佳織の口の中に射精しました。



純一

1330.jpg


私はそのまま佳織の口の中に射精しようと思いました。
佳織に挿入すれば、窓の外の男達はそこを凝視するでしょう。つまり、私の男根が男達の目に晒されるわけです。
小心者の私にはとてもそんな勇気はありませんでした。
自分のものが、見ず知らずの男達に誇れるほどのものではない事は、自分が一番よく知っています。

窓に向けられた佳織の性器に注目を集めたまま、自分はこのまま佳織の口の中に射精した方が得策だと、私は情けない浅知恵を遣ったのです。
お恥ずかしい限りです。

純一

1320.jpg


「佳織の・・・あそこを、・・・見て下さい」
佳織が涙に詰まった鼻をすすりながら、やっと聞き取れるか聞き取れないかのか細い声を上げました。
私は佳織が言い終わらないうちに、その口を自分の男根で塞ぎました。
「もう一度!」
男根を頬張ったまま、佳織が言葉にならないくぐもった声を上げます。

何度、佳織のこんな姿を想像したことでしょう。
私は結婚する前からずっと、歯科衛生士の佳織を横目に、佳織の口に男根を突き立てる夢を見続けて来たのです。
粒の揃った白い前歯を割って、その可愛らしい舌の根本に汚れた男根を擦り付けることを妄想し続けて来たです。
もぐもぐと涎を流しながら動く佳織の唇に男根を締め付けられ、私は腰を震わせました。
佳織の・・・あそこを、・・・・・言葉は発しようとする度に、じゅる、じゅるっと音がたちます。
私は口一杯に反り返った男根を、佳織の喉奥めがけて突き出しました。
異常な興奮に早くも私は限界でした。

純一

1313.jpg


「窓に向かってお尻を上げて!」
小心者の私が、普段、佳織に対して絶対に口にしたことのないような厳しい口調で、命令を下していました。
私はサディスティックな官能小説の登場人物になりきっていたのです。
「佳織の性器を皆さんによく見てもらうんだ。お尻を左右に振りなさい」
佳織がシーツに顔を擦り付けてむせび泣きます。
「早く!もっと脚を開いて、お尻を高く!」
やがて、小さく、小さく、佳織がお尻を振り始めました。
「右・・・左、右・・・左、もう一度」
私の言葉に合わせてお尻を振る佳織は、もう号泣に近い泣き声を上げています。まるで子供がお尻を打たれでもしているかのように。

またチリンとオルゴールが鳴りました。
誰かがこの部屋を覗きに来たのです。
その音に佳織の肩が大きく上下しました。

「佳織、今来た男性に、佳織のあそこを見て下さって、言うんだ」


純一

1311.jpg


佳織が髪で顔を隠すように俯いたまま、おずおずと窓の前に横座りしました。
これから佳織は、見知らぬ男達の黒い欲望の餌食となるのです。
男達に全身を視姦され、その想像の世界で恥ずかしい体位をさせられ、責められ、精液を全身に浴びるのです。佳織自らそれを望んで。

「お尻が窓の方だ」
うな垂れた佳織に私は強く言いました。
「・・・はい・・・」
佳織の返事はもう泣き声と区別が付きません。

頬を伝う涙と鼻水と、そして、私の男根から擦り付けられたえ粘液に顔はどろどろでした。それでも、佳織の乳輪の毛穴はふつふつと膨れ上がり、その中心にある乳首は痛々しいほどまでに勃起し赤く黒く充血していました。
二枚の花弁は水浴びでもしたかのように濡れそぼって、蛍光灯の明かりにてらてらと光りながら温かい雫を滴らせていました。
これが歯科衛生士、佳織の奥底に潜んでいた女の性なのです。

純一

1301.jpg


「だったら、僕の言うことをきくか?」
もう、私はすっかり別人になっていました。本当の自分は屋根裏に潜んでいてここには居ないのですから。
「きくか?」
いつになく乱暴な言葉遣いに、佳織は戸惑いながら肯きました。
「なら、あの窓の前へ行くんだ」
佳織の肩が小さく震えています。
きっと、これから自分が命じられることを想像したのでしょう。
「行くんだ!」
私の言葉に弾かれ、佳織が四つ這いになって窓の方へ這いずりました。

※一部の時間帯において、当方の更新のミスから昨日と同じ内容の記事が公開されておりました。
 申し訳ありませんでした。



純一

1290.jpg


私は一度佳織の口から男根を抜き取り、大きく肩で息をつぎながらアイマスクを整えました。
枕元に電話があります。
その電話で店の人へ連絡さえ入れれば、マジックミラーから覗かれるだけではなく、相互鑑賞や、スワッピング、複数プレイなどを希望する男女を招き入れることもできるのです。 
私は佳織の耳に息を吹き込みました。
「連絡して、知らない男性に入ってもらおうか?」
その言葉を聞いて、佳織が私の胸にしがみつきます。
「・・いや、・・・いや、もう、いや・・・」


純一


1280.jpg


もう、このまま射精してもいい。私は思いました。
そして、佳織の喉を突き抜かんばかりに乱暴に腰を振り続けたのです。
ぐえっ、ぐえっと、嘔吐するように佳織が大きくむせ返ります。その度に、喉の奥がきゅん、きゅんと締まって、私の男根をきつく締めあげました。
その度に、男根から肛門へ、肛門から頭の頂点へと、痺れる快感が背筋を真っ直ぐに駆け上がり、私はいつしか叫び声を上げていました。
天井裏から息を弾ませながら眼下の部屋を覗き見ているもう一人の私は、ずっと憧れてきた歯科衛生士、佳織の痴態を目のあたりにし、今にも厚く埃の積もった天井板へ精液をぶちまけそうであったに違いありません。


純一
1270.jpg


それは標本台に虫ピンでとめられた美しい蝶の様でした。
私は容赦なく腰を振り、佳織の喉奥深くを何度も突きました。
私が動く度に、佳織がくぐもった声を上げ、シーツを掴みながら体を反らせます。両脚が宙を蹴ります。
宙を悲しげに舞う両脚の間からは、真っ赤に充血してらてらと光った愛液を溢れさせる秘密の園が覗けるに違いありません。

窓の外ではいったい何人の男が、佳織の痴態を覗き見ているのでしょうか。
何人の男が、日常の仮面を恥辱に奪われ美しく艶めかしく輝く女の姿に、その股間をたぎらせているのでしょうか。
私はかつて憧れた清楚で爽やかな歯科衛生士の佳織を思い起こしました。
歯科医院の制服に包まれた佳織の背中には、真っ白なブラジャーが透けて見えました。


純一

1260.jpg


「見て下さい」
「もう一度」
「見て下さい」
「佳織がセックスする姿を見て下さい、だ」
「佳織がセックスする姿を見て下さい」
「佳織は、恥ずかしい姿を見られると興奮します、言いなさい」
「佳織は、恥ずかしい姿を見られると興奮します」
泣きながら佳織が叫びます。

佳織の心の奥底に眠るもう一人の女が、女の性が、羞恥にまみれながら興奮と悦びの叫びを轟かせているかのようです。
これが女だ。これが女だ。
どんなに上品な顔をしていたって、どんなに清楚な素振りをしていたって、闇に隠れて秘かに恥辱の興奮に腰を震わせ、涎のような愛液をとめどもなく滴らせ、恍惚に口を開いている、これが女だ!
私は佳織を乱暴にベッドに投げ出し上からのしかかり顔に跨ると、反り返った剣先を佳織の口へ無理やりねじ込みました。

プロフィール

佳織&純一

Author:佳織&純一


夫が胸に秘めていた願望、それは、
自分以外の男性に抱かれる私の姿を
見ることでした。
私は夫の願いを叶える為に、夫の眼の
前で知らない男性に抱かれました。
それは、けして過ちなどではなく、
確かな私たちの愛の行為であったと
今でも信じています。
あれはけして夢ではなかった。
あれはけして過ちではなかった。
それを確かめたくて、このブログで
私たちは羞恥と昂奮に彩られたあの
時を追憶します。

ご訪問ありがとうございます



佳織&純一へのメールは こちらからどうぞ


バナー
ご自由にお使い下さい。

(90x30)

(160×50)
aiyorimo_banner4_160x50.jpg

(200×60)
aiyorimo_banner5_200x50.jpg
検索フォーム
相互リンクサイト
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示